池の上で見つけた不思議な城。 自然派ワインとお食事の店「cibot」

池の上にある不思議な城「cibot(チボ)」


京王井の頭線「池の上」駅から淡島通りに向かって徒歩15分ほど、ツタで覆われた白い城「cibot(チボ)」。自然派ワインとお食事を味わえるレストランです。
遠目から見てもひときわ存在感を放っています。特に看板も出ているわけでなく、若干怖い雰囲気すら感じて、知らなかったら通り過ぎてしまいそう。
ただ、ここの白い城の扉を開けばみなさんもトキメク時間を味わえるはず。様々なディズニー作品の中にいるような感覚に私はなりました。

城に入ったと思えば、森の中?


ここで合ってるのかと恐る恐る扉を引けば、優しそうな男性店主さんが迎えてくれました。
薄暗い店内には、大きな木のテーブルが中央に。やや薄暗い店内ですが、差し込む光と窓から見えるツタが、まるで「森の中」にいるような感覚にさせてくれます。(※ここは淡島通り沿い)
森の中で食事なんて、よくあるディズニー作品のワンシーンのよう🌳🍽

店自体はそこまで大きくないものの、天井の高さがあるから広く感じます。(あの黒い棒おしゃれダナ…)

店内を見渡すと、これは何?となるようなヒトクセあるオブジェも飾られていて、思わずクスッ。
写真にはないですが「トイレ」の内装が個人的には興奮しました!行く際はぜひチェックしてみてくださいね。

ランチは、燻製サーモンとクスクスのプレート


歩いて疲れた体にしみる冷たい水。この日はなんだか特別な飲み物に見えたのでこの水だけで写真を5枚も撮影しました。

ランチプレートランチは2種類。ソーセージ OR 燻製サーモン。
燻されたサーモンは脂が乗っていて身がフッワフワ。ここでグラスワインを頼んでおくべきだと後悔しました。

大きなサーモンの横にも下にも野菜がモリモリ!下にはクスクス。
生・グリル・ラタテュイユなど、様々な調理方法で手を加えられたカラフルな野菜たちは鮮やかで、シンプルな白のお皿によく映えています◎素材の味を殺さない調理法で何を食べてもおいしかったです。
レンコンはシャッキシャキで、かぼちゃもホクホク、ナスはトロットロ〜!!

食後は、たっぷりのカフェオレを


ホットカフェオレを注文。そして待望の「顔付きコーヒーカップ」とご対面。(※ワンドリンクは注文必須です)

憎めないこのお顔を見ながら、優しいマイルドなホットカフェオレをごくごく。

謎の城に足を踏み入れ、森の中のような場所で狩猟が使うようなナイフとフォークでサーモン食べて、食後には顔付きカップが出てきて…嗚呼…なんてファンタジーな食体験なんだ。

店内奥”アリスエリア”に座ればもっと異世界へ連れて行ってくれるかも

※写真は公式Instagramより
実は、cibotの店内奥には紫の壁がかわいい「アリスエリア(私が勝手に命名)」が存在します。(本当はここに座りたかった…笑)
この日はここに女の子が2人座っていて、誕生日だったのかな?素敵なケーキプレートと、この顔付きカップがテーブルに。こっちから見えるその光景は、まさしく「実写版”不思議のアリス”、アリスのティーパーティー」でした。

池の上にこんな場所があるなんて…!入る前の(怖そうという)ドキドキは、店を出る頃にはもうトキメキに変わっていて、また来たい!、そう思える場所でした。
みなさんもぜひ行ってみてください〜♠♥♦♣

「cibot」の店情報&アクセス


📃cibot(チボ)
💴平均単価:2,000円
📍京王井の頭線 池の上駅から徒歩15分
💻https://www.instagram.com/_cibot_/
※詳しい情報はInstagramをご覧ください

blogに載ってないことはSNSで発信中📡

Instagramではグルメ専用と、グルメ以外のライフスタイル情報を、You Tubeではvlogをアップしてます😌 blogよりもラフにいろいろ投稿しているのでお暇なときにぜひ〜🌻

✔グルメInstagram(#なひログ):@naaahiii13
✔グルメ以外Instagram:@nhnh_1313
✔買ったもの、欲しい物リスト楽天ROOM
✔YouTube:nhnh vlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です