大人になった私が考えた、”魔法”の本当の意味。映画「魔女見習いをさがして」を見た感想


「 ハッピーラッキー、みんなに届け 」
これにビビッと反応したら、ぜひ映画館へ!

どれみちゃんが映画になって帰ってくる!

17年ぶりに、”どれみちゃん”に会えた(歓喜)

TVアニメ放送開始から20年。
わたしの(わたしたちの)ヒーロー「どれみちゃん」が映画になって再び帰ってくると聞いたときから公開をどれだけ楽しみにしていたことか。
初めてハマったアニメ、初めて号泣したアニメ、本当に魔法が使えると思ってTVを見ながら魔法を真似していたあの日々…を思い出します。

そしていま、おジャ魔女どれみのメドレーを聞きながらこの記事を書いています(笑)
( どっきりどっきりDONDON‼️ )
今日は、映画の感想を、特に面白かった点と、個人的に刺さった部分の大きく2つの項目に分けてご紹介します。
※ネタバレしないよう、内容はなるべくぼかしています

「魔女見習いをさがして」のあらすじ


年齢の違う主人公3人が、”おジャ魔女どれみファン”という共通項をキッカケに仲良くなり、お互いの夢を追いかけて悩んで葛藤して、成長していくお話。
どれみちゃんたちの「魔法」って何だったのか?そんなことを考えたり、今の時代だからこそ改めて考えなきゃいけなかったことだったり…、見終わったあと『明日からも頑張るぞ!』と前向きな気持ちになれる内容になっています。

「ねえ、大きくなったら何になりたい?」
夢に向けて進学費用を貯めるも、ダメ彼氏に振り回されるフリーター・川谷レイカ―尾道(20歳)
教員志望でありながらも、自信をなくして進路に戸惑う大学生・長瀬ソラ―名古屋(22歳)
望んだ仕事についたものの、職場になじめず葛藤する帰国子女の会社員・吉月ミレ―東京(27歳)

年齢も性格も住んでいる場所も…なにもかもが違う三人。しかも、それぞれ思い描く未来が見えず、人生に絶賛迷い中!
そんな彼女たちを引き合わせたのは“おジャ魔女どれみ”!?
かつて魔女見習いたちが集っていたMAHO堂―鎌倉にある洋館ーでの運命的な出会いをきっかけに、三人は飛騨高山・京都・奈良と「おジャ魔女どれみ」ゆかりの地を巡る旅へ!笑って泣いて支え合って、かけがえのない時間を過ごした三人は改めて気づく、いつもどれみたちがそばにいてくれたことに。
そして魔女見習いたちに背中を押され、踏み出した先に、素敵な世界が広がっていた。
公式HPより

私的、映画の中で興奮したポイント3つ

①懐かしのキャラクターはほぼ出てこないのに、常に近くに「どれみちゃん」を感じる
(予習を全くせず観に行ったので知らなかった自分が悪いのですが)この映画は、主人公のソラ・ミレ・レイカの3人の話が映画の9割を占めてるので、期待してたどれみちゃんたちはほぼ出てきません。
でも、どれみちゃんたちを近くに感じざるを得ない仕掛けがたくさんあって、上映中常に近くにどれみちゃんたちを感じるんですね。
だから謎の安心感と、どれみちゃんが大好きだった幼少期の人格が出てきて、ワクワクしながら観ることができました♪

②映画の主人公3人の設定がリアルで、自分ごと化しながら映画を見れる

今回わたしが特に興奮したポイントが、3人のリアルな設定。それぞれが感じる悩み(仕事、人間関係、恋)に共感する人も少なくないのでは?
特に「ミレ(画像左)」に関してはわたしと同世代なので、自分だったらどうするんだろう?と考えてしまいました……。
おジャ魔女どれみの強み、「綺麗すぎないキャラクター設定&ストーリー」が映画でも色濃く出ています!

③おジャ魔女どれみの聖地巡礼もできちゃう
映画は、主人公たちが「アニメの“聖地”へ旅行に行く」様子が映し出されています。(アニメ映画なのに、本家のアニメの聖地を訪れる、という少々ややこしい設定に一瞬頭がこんがらがりました。笑)
岐阜・飛騨高山や、奈良などを訪れるシーンは、おジャ魔女どれみファンにとっては嬉しいのではないでしょうか?

「魔法」を信じて前に進めるなら、いくつになってもその呪文を唱えよう!


誰しも何か新しいことを始めるときって少し”留まってしまう瞬間”があると思います。わたしも足踏みしちゃうことがたくさん。
映画に出てくる3人も、いろいろやりたいことは頭の中にあるのに、できない理由を並べて前に進めていなかったけど、『魔法(どれみちゃんたちの存在)』で背中を押してもらっていました。
魔法が本当に実在するかのか、しないのか、そんなことよりも
『自分を前に進むキッカケ(お守り的存在の魔法)』を自分の中に持っておくこと、それを使いたいときに使えること、が大事なんだよな!と映画を見て思いました。
わたしのヒーロー、どれみちゃんの魔法『ピーリカピリララ』は、大人になったわたしをまた勇気づけて、前を向くキッカケをくれた💫

こんな時代だからこそ、みんなもドレミちゃんに背中を押してもらって!


コロナのせいで、どうしようもないやるせない気持ちに襲われた2020年。
自分でなんとかしなきゃ!と思って焦ったことも多かった…。
そんな少し弱気になってわたしの背中を「あたしたちがいるじゃん!大丈夫だよ♪」と、ポンッと押すかのように勇気づけられた映画で、懐かしさも相まってポロッと涙が出てしまいました😢
おジャ魔女どれみを見ていた世代のみなさんは特にぜひ!ぜひ!観に行ってみてください。
「魔女見習いをさがして」公式HP

blogに載ってないことはSNSで発信中📡

Instagramではグルメ専用と、グルメ以外のライフスタイル情報を、You Tubeではvlogをアップしてます😌
blogよりもラフにいろいろ投稿しているのでお暇なときにぜひ〜🌻

✔グルメInstagram(#なひログ):@naaahiii13
✔グルメ以外Instagram:@nhnh_1313
✔買ったもの、欲しい物リスト楽天ROOM
✔YouTube:nhnh vlog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です