店主の意地に感謝!採算度外視の”穴子海老天丼”「天麩羅はちまき」@神田神保町

絶対おいしい。引き寄せられるように入った「天麩羅はちまき」


神保町を散歩していたとき見つけた暖簾、それになんだか昔からあるかのような店構え。「あ、ここ絶対おいしいわ。」そうビビビと感じて、入ってしまいました。
後々調べたら、「天麩羅はちまき」は1931年(昭和6年)から続く老舗の天麩羅屋さんでした。

ランチ時は行列必至、11時に行くのが吉


店内はカウンターとテーブル席。ランチ時は相席する可能性も高いです。
この日は11時半に行ったのですが既に満員で15分ほど並びました。12時以降は人が増える一方だったので、オープンの11時に行くとすぐ入店できて吉かと◎
ただ提供までの時間がとても早いので回転率は良かったです。
サラリーマンが多い神田神保町のランチ時間にも屈しない店員さんによるスピーディーな客の捌き具合、すばらしかった(笑)

ランチメニューは天丼と定食


天丼数種類と、定食2種類があります。1,000円〜という良心的な値段。わたしは「穴子海老天丼」を注文。
お持ち帰りの天丼弁当も人気なようでした。

採算度外視!特大穴子天丼!


香ばしい香りとともにやってきました〜〜〜〜!ついにご対面!名物穴子海老天丼!
老舗なのに(?)おしとやかにキレイに丼の中におさまることなく、丼ぶりからはみ出る穴子の大きさ。
それに、実際は脇役程度かもしれないけど、ふわふわプリプリという食感が多い天丼の具材の中で”カリカリッボリボリッ”と異なった食感と香ばしさを楽しませてくれる「穴子の骨」まで入っている!わたしがとても好きなビジュアルです(歓喜ガッツポーズ)

「穴子、海老2本、野菜。採算度外視で提供しております。神田っ子の意地、続くところまで頑張ります」そんな店主さんの意地に両手を合わせて感謝しながらいただきます。

海老はプリップリ、野菜はシャキシャキホクホク、穴子はホワッホワ。具材一つ一つが大きいからこそ、食感や風味も楽しめました。
天麩羅を口にいっぱい入れて、タレが染み込んだこだわりの米(コシヒカリ)をかきこむ。ただただおいしくて黙々と食べます。

ちなみに、この穴子天丼は「江戸川乱歩」が店主に「穴子天も丼ぶりにしてくれないか?」と注文したことから始まったメニューだそう。(アド街ック天国からの情報)
ナイスな提案をしてくれた江戸川乱歩にも感謝しました。

おまけ〜お新香と大盛りの話〜

天丼を食べにいくとき、テーブルに置いてあるお新香がどんなものかも気になるタイプでして…
この日あったのは、”ごぼうとしょうがの酢漬け”。ごぼうとスライス生姜のシャキシャキの歯ごたえ、油を摂取している胃に爽快感を与えてくれる酢の味が最高でした。お新香がおいしすぎてめちゃくちゃ食べた(笑)
また、大盛り無料ですが、丼いっぱいのご飯が盛られてくるのでお腹のキャパに自信がある人が挑戦してくださいね。

午後も活力つけて頑張りたいという人におすすめしたい「天麩羅はちまき」ぜひ行ってみてください〜♫

「天麩羅はちまき」店情報&アクセス

📃天麩羅はちまき
💴平均単価:1,500円
📍神保町駅より徒歩2分、御茶ノ水駅から徒歩5分
💻https://gfyg100.gorp.jp//
※詳しい情報はHPをご覧ください

nh.のSNSたち

日々のゆるゆるつぶやきたち。ほぼ毎日更新してるのでお暇なときのぞいてみてください( ◠‿◠ )
✔グルメ専用Instagram(#なひログ):@naaahiii13
✔Twitter:@nhnh_1313

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です